DMM英会話

DMM英会話のレッスンを音声のみで受ける方法と外国人講師へのことわり方

[say name=”BB-8″ img=”https://vod-mag.info/wp-content/uploads/2018/05/bb-8.jpg”]この記事では、DMM英会話のレッスンは音声のみで受講することができるのかどうかについて解説していくよ。[/say]

Skype(スカイプ)を活用して格安の料金で英会話のレッスンを受けることができるDMM英会話。

外国人の講師と実際に会話をしながら英語を学ぶことができるので英会話のはじめの一歩にぴったりのDMM英会話ですが、これまで外国人と話したことがない方や経験の少ない方にとって、画面越しとはいえお互いの顔を見ながら外国人と会話をするというのはなかなか緊張しますよね?

そこでこの記事では、DMM英会話のレッスンを音声のみで受けることはできるのかどうかについて解説していきたいと思います。

DMM英会話で英会話にチャレンジしたいけど緊張するから最初は音声のみでレッスンを受けたいと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

DMM英会話のレッスンは音声のみでの受講も可能

DMM英会話のレッスンはSkypeの通話機能を使っておこなっていくのですが、Skypeの通話機能には音声のみの「音声通話機能」と、Webカメラを通じてお互いの顔を確認しながら通話をおこなえる「ビデオ通話」の、2つの通話機能が備わっています。

ビデオ通話でお互いの顔を見ながらレッスンを進めるのが一般的ではありますが、顔を見ながらだと緊張してしまうという場合は音声通話を使って音声のみでレッスンを受けることが可能です。

音声通話のみでのレッスンは禁止されている行為ではなく認められている行為なので、いきなり顔を見ながらのレッスンだと不安という方は、まずは音声のみでレッスンを受けてみるといいかと思います。

DMM英会話のレッスンを音声のみで受講する方法

[timeline]

[tl label=’STEP1′ title=’通話がかかってきたら「音声通話で受ける」’]

DMM英会話では、レッスンの時間になると先生から通話がかかってきます。

そのときにビデオ通話で受けるか音声通話で受けるか選択することができるので、音声通話の方を選択しましょう。

[/tl]

[tl label=’STEP2′ title=’先生に事情を説明する’]

STEP1の時点で音声通話でレッスンを受講すること自体はできていますが、レッスンをおこなってくれる先生に事情を説明しておかないと混乱させてしまうので、簡単に説明しておきましょう。

[/tl]

[tl label=” title=’完了’]

DMM英会話のレッスンを音声のみで受講する手順の説明は以上です。

レッスンを進めていきましょう。

[/tl]

[/timeline]

音声のみでレッスンを受けるときの先生へのことわり方

さきほど、音声のみでレッスンを受けるときは外国人の先生に軽く事情を説明しておきましょうと解説しましたが、事情を説明するためのことわり方についていくつか紹介しておきたいと思います。

それでも知っておいてほしい顔を見ながらレッスンを受けることの大切さ

このように、DMM英会話のレッスンは音声のみでも受けることができますが、ずっと音声のみでレッスンを受けるのではなく、慣れてきた時点で早めにビデオ通話でのレッスンに切り替えることをおすすめします。

というのも、DMM英会話でレッスンをおこなってくれる外国人の先生の多くは、ビデオ通話によってあなたの口の動きを確認し、発音の仕方やクセについて指導してくれることがあるからです。

せっかくお金を払ってレッスンを受けるのであればきちんと伝わる発音についても知っておくべきですが、それを実現するためには音声通話でなくビデオ通話でのレッスンが必要ということですね。

また、実際に外国人と会話をおこなうときのためにも、ビデオ通話での会話に慣れておくこともとても大切です。

パソコンやスマホ越しだとしても実際に顔を見ながら外国人と会話ができれば、リアルで話すのもそれほど難しくありません。

何より、ビデオ通話に慣れることで外国人と話すことへの心理的なハードルがかなり下がるので、そういった点でも音声通話でのレッスンに慣れてきたらビデオ通話でのレッスンに切り替えるのをおすすめします。

DMM英会話のレッスンは音声のみで受講できるのかについてのまとめ

DMM英会話のレッスンを音声のみで受講することはできるのかということについて解説してきました。

DMM英会話のレッスンは音声のみでの受講も可能ですが、実際に音声のみでレッスンを受けるときは先生に一言ことわりを入れるのを忘れないようにしましょう。

また、音声のみでのレッスンに慣れてきたらビデオ通話でのレッスンに切り替えるようにして、外国人との会話に早めに慣れていくようにしましょう。